2014年06月21日

劇団夢宇人さんの新・明暗を観た

新津です

少し前に、劇団夢宇人さんの新・明暗を観た

あ、ネタバレあります。一応

meiantirashi1

全体的に

全体的に面白かった。主役の林さんが色々悩んだり言い合ったり、安心したりはらはらしたりといろんな展開があって、特に序盤はどういう話になるんだろうと先が気になった

照明と音響も派手だったり、何か風景っぽい感じだったり、ミラーボールが回ったり、色々あって飽きさせないような工夫がしてあったんじゃないかと思う

舞台装置も柔軟な使い方ができるつくりで、いろんな場面が登場したけどうまく使い分けられていたと思う。一階の地舞台、二階のバルコニー、上手下手にある踊り場つきの階段、そして紗幕も使ってさまざまな場所を表現していた

ストーリー

漱石の明暗を知らないんだけど、たぶんこんな話なんだと思う。本筋のストーリーは特に気にならなかったけど、最後の宗教っぽいオチがなんか唐突な感じで、もしやどこかの台詞を聞き逃したのかな、と思った。そこまで誠の愛の話が複線になっているような気もしなかったし……

あ、パンフに書いてはあったけど、最初いまいち人間関係が掴み辛かった。誰と誰が親子で、ハム会社の人が誰で、専務は誰の上司で、みたいなのが時々こんがらがって、少しストーリーを追いかけるのが難しく感じた。わかってしまえば大した事はなかったんだけど

 

役者

林さんがあの台詞を全部覚えてすらすらとしゃべっていたのがすごいなぁと思った。逆に奥さん役のみついさんが時々噛んでいたけど、でもまぁ、誰そこまで気になるほどじゃなかった

旅館の仲居さんの方が少し声が小さくて、あまり慣れていない風だったのが目に付いた。声が上ずっている感じで、ほかの役者陣と比べるとどうしても見劣りしてしまった

役名忘れたけど西本さんがすごく印象に残るキャラクタであり、演技だった。個性的で、台詞も動きも引き出しがたくさんあって、無意識に観ている人をひきつける様なそんな気がした。まぁ、役どころはあまり人生が上手くいってない感じの男で、卑屈でいやな感じのやつだったけど、どこかしら好感が持てた

ほかの役者の方々も安定した演技で、主人公を取り巻くさまざまな人物をそれぞれに確立してストーリーを盛り立てていた。欲を言えば晴海さんのシーンがもう少し観たかった

その他

各所に飽きさせない仕組みはあったものの後半になると、少し間延びしたような印象を受けた。ストーリー的にはほぼ終わり近いのに、なかなかその結論まで達しないところが、歯がゆくもありそれがストーリーの醍醐味でもあるとは思うが、温泉に行くまでの主人公とそれ以降の主人公で見え方が違ったように感じた

それまでは主人公に近い視点で観ていたが、温泉のシーンからはまさに第三者の芝居を観ているようだった。さらにちょっと不思議な老人が出てきたあたりから少しファンタジー要素も入りだし、ふと気づくとなんとなく上手く話に入って行けないような気分になっていた

もちろん個人的な感覚だけど

総じて役者、舞台、照明、音響のレベルは高く、製作もしっかりしていて客席もほとんど埋まっていた。今の金沢では一番安定していて質の高い芝居を作る集団なんじゃないかと思った

あと、夢宇人って打つときにイチイチ夢・宇宙・人って打って宙の字を消しているけど、もっと楽に打てる方法があるなら知りたい

そんな感じです

 


posted by ジョキャニーニャ at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100115975

この記事へのトラックバック
石川県金沢市で細々と活動するCoffeeジョキャニーニャのブログ

ジョキャニーニャブログ